塾なし受験 振り返り

娘達は塾に行かずに受験。その備忘録です。

次女の読書について。

次女はとにかく読書好きと書きましたけど、

読書について気を付けたことを書いて置こうと思います。

 

よく、マンガは日本の文化と言われますが、

マンガやコミックは✕としてました。

それ以外は、どんな本を手にしようが、とにかく自由にしてました。

幼稚な本を読んでいても、背伸びしているような難しそうな本を読んでいても、

どんなジャンルでも、何も言いませんでした。

 

なぜって、母の私は読書が嫌いなんです。

その理由が、

小学生のころ、比較的厳しかった父に私の選ぶ本に色々言われ、

もっと文学的な本がいいと、当時にしたら難しい、

そして私にとってつまらない本を渡され、

おかしい楽しい本を読める時がなかったのです。

そして、本が嫌いになりました。読書が、活字が、嫌いになりました。

私のようになってほしくなかったから、何も言わず、自由に読ませてました。

マンガ以外の物に関しては、です。

 

マンガをどうして読ませなかったか。

マンガはどうしても想像力が乏しくなる…と私は感じています。

文字から情景や表情を想像するのと、最初から絵となって分かるものでは、

頭も心も使い方が違うのではないかと、そう思っています。

 

だから、心も頭も発達する大事な小学生のうちはマンガは✕。

それだけはうちの方針でした。

あ、日本の歴史とか、そういうのはOKにしてました(笑)

だから、マンガが珍しくて、歴史系のマンガは喜んで読んでましたね。

 

あ、中学生になってからは、OKにしました。

とは言え、本の楽しみも知っているので、マンガばかりにはならないんです。

三つ子の魂百までです。やはり幼い頃の経験って大事だなって思います。

 

何よりも、この読書量は、公立中高一貫校の受検には、

ものすごく役立ったと思います。

 

一番好きだったのは、ハリーポッターシリーズ。

5~6回ずつ読んでました。

これがシリーズの最初ですよね。

 他にも10冊。計7巻、11冊。今でも↑の旧版を大事にしています。

 

↓今は新装版なんていうのが出てるんですね~

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へに参加しています。
↓ ぜひ、クリックしてください ↓

にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へ