塾なし受験 振り返り

娘達は塾に行かずに受験。その備忘録です。

作文対策、そしてZ会。

6年生になった次女。

次女は今までも書いているように、読書好き。

とは言え、文章力はどうなんでしょう。

読書感想文、大抵毎年学校の代表にはしていただくのですが、

県レベルまではいかず、その前のブロックにて、佳作をいただいて終わりです。

 

適性検査は記述が多く、文章力が必要です。

前にも書いたように、母の私は、理系畑で文章を読むのが苦手です。

そこで、作文対策をすることに。

 まずは、これをやりました。

とりあえず、一通りやりましたが、

文章力のない私には採点がしずらい。

そして、きちんとしたコツ等を次女に伝えられないのです。

そこはもう、プロに頼むしかないと思いました。

Z会に、「小学生コース専科 公立中高一貫校作文」という講座を発見。

 

きちんとした方に添削をしてもらうのが一番だろうと、

入会して講座を受けることに。

私には指摘ができないような添削をしてくださり、

役に立ったと思います。これは最後まで続けました。

 

この作文の添削のおかげなのか、佳作が最高だった読書感想文、

6年生で初めてなんとか賞をいただきました。

なんて賞だったか、忘れました(^^;)

県のコンクールに上がるわけではなかったです。

でも、祝佳作脱出。

文章力はアップしていたんじゃないでしょうか。

 

このZ会、作文だけでなく、適性検査対策の講座もあって、

小学生コース専科 公立中高一貫校適性検査

これも受講することに。

 ボリューム的には少ないですが、私でない別の人の添削というのは、

参考になりました。

 

そして、模試も受けています。

小6の6月7月で3つの模試を受けています。

その結果は次で。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へに参加しています。
↓ ぜひ、クリックしてください ↓

にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へ