塾なし受験 振り返り

娘達は塾に行かずに受験。その備忘録です。

小6 6~7月 模試結果

個別で申し込みやすそうな模試を探しました。

公立中高一貫校対策センターというところがやっていた模試。

今見てみましたけど、現在は個別ではやってないらしく、

塾に卸しているだけのようです。

 

これは、会場に行かずに自宅で受けれるものでした。

なので、自宅受検。本当は会場に行きたいんですけどね。

遠かったか・・・と思います。なんで自宅になったか記憶がないです。

そちらの結果が

f:id:tcsy:20210614173114j:plain

6年生になると、志望校判定がでます。

右側上が志望校。下は同県にある公立中高一貫校

レベル的には、志望校の方が高いんです。

だけど、この模試ではうちの志望校の志望者の中での順位の方が良かったみたいです。

とは言え、たった37人の志望者数では、判定もなにも・・・

という気持ちで見ていました。

母体レベルがよく分からず。でした。

この模試は、Ⅰが算数理科主体のもの。Ⅱが社会読み取り主体、Ⅲが作文です。

やはりⅢの作文が悪いんです。

 

次に受けたのが、

公立中高一貫校対策の模試では、どうやら有名らしい、公中検。

こちらの6月号の結果がこちら。

f:id:tcsy:20210614173932j:plain

評価は悪くないです。

同志望校者の中での順位も、10位/278名でしたので、まずまずでしょうか。

上の自宅で受けた模試よりも母体数も多く、立ち位置が把握できました。

この模試は、Ⅰが読解や作文のもの。

Ⅱが統計物の読み取り主体、Ⅲが算数理科主体です。

やはり、作文が良くないんです。

 

そして、7月に首都圏模試センターの模試を受けました。

そちらの結果がこれです。

f:id:tcsy:20210614175020j:plain

こちらも悪くはなかったです。

志望校判定も1位/42人で、80%とニコニコマークをいただきました。

この模試は、Aが統計物の読み取り、Bが算数理科主体、Cが作文です。

やはり!作文が一番とれないのです。

 

この子のネックはやはり作文。

そして、母が教えられない分野でした。

 

とりあえずは、3社の模試を体験して、良かったと思うのは、やはり公中検。

公中検の模試会場では、

色々と詳しい親向けのセミナーをしてくださったり、

問題集を販売してくださったりでした。

塾のテキストとして使われているものだというので、

塾に行ってない我が家にはとてもありがたいものでした。

ここで、作文・図形・資料読み取り の問題集を購入したはず。

とても良かったです!

塾行っていない方、ぜひ公中検受けて、会場で買ってください。

とは言え、コロナ禍で個別申し込みができなくなっているのかな…

再開したら、是非受けに行ってみてください。

母集団も圧倒的に公中検が多かったですしね。

 

作文対策をどうしたものか。。。。

 作文対策のこと、また次に書きます。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へに参加しています。
↓ ぜひ、クリックしてください ↓

にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ