塾なし受験 振り返り

娘達は塾に行かずに受験。その備忘録です。

学校生活や夏休み

受検対策や模試の話ばかり書いてますが、

この頃の生活について。

 

受検勉強、確かにしていました。

が、前にも書いたように学校の課外活動はやめていません。

次女の小学校での課外活動は、当時、

ブラスバンド・ミニバスケット・陸上とありました。

次女は、全てに参加しました。

ブラスバンドは通年通しての練習。

特に2学期は発表などもあり、活動は活発です。

ミニバスは夏休み入ってすぐの大会に合わせての活動。

陸上は特に冬です。

次女は運動は苦手ですが、

1学期後半から夏休みの始めは、ミニバスやってましたね。

学年で1~2を争う運動万能の子が、

「次女ちゃんは頭脳戦なんだよ。

 あんまり動いてくれないかもしれないけど、きちんと計算して、

 無駄な動きをしないで、すごくいい場所で待機してくれている。

 だから、次女ちゃんは必要。」

なんて、言ってくれたらしいんですよ。

(あ、本人が言っていたのではなく、同級生のママさんが言ってました。)

たぶん、それが嬉しかったんだと思います。

だから、ミニバスやる!と。何でも褒められるって大事ですね。

冬の陸上も体力作りのために参加しました。

ブラバンは時期問わず朝と帰りの練習。皆勤だったと思います。

塾があるから帰りは練習不参加って子も何人かいるようです。

 

皆に内緒だったから・・・ではありません。

学校の活動やイベントをないがしろにするのは、

私は違う、と思うので。

 

そして、夏休みに毎年行っていた家族旅行も例年通り、行きました。

これが高校受験だったら話は違います。

(そのうち長女の高校受験の事を書きますけど、

 長女が高校受験生の年は旅行行ってません。)

何がなんでもという気持ちがなかったからなのかもしれない。

旅行の期間、勉強道具は持って行きません。

全力で楽しみました。

そして、たまにはプールに行って遊びもしました。

大きなプールに、2回くらいは行ったかと思います。

親戚が集まる場にも行き、1日それに費やしもしました。

科学館などにも結構行きました。

あ、これは、受検対策の一つでもありました。

体験した方がいいこともあるだろうと思って。

机での勉強、遊び、気晴らし、体験、

メリハリつけて、勉強漬けにはしてません。

そこが塾組と違うと思います。

受験生の夏は大事です。

ただ、まだ小学生。

この幼いこの時にしかできない経験というのを奪うことはできませんでした。

うちは、こんな感じで夏を過ごしていました。

でも、勉強と遊びとメリハリつけれたと思います。

遊んだからダメだったか?というわけでもなく、

最終の結果としては、次女は現在その志望校に通っています。

 

(色々とコロナ禍の今と違いますね。とにかく振り返りですのでご了承を。)

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へに参加しています。
↓ ぜひ、クリックしてください ↓

にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へ