塾なし受験 振り返り

娘達は塾に行かずに受験。その備忘録です。

 出願

願書の提出日が3日間設けられてました。

平日です。私一人で行ってきました。

 

これまた、少しばかり悩みましたね。

何をって受検番号です。

 

中学受験の受験番号について、こんな内容の話を読んだんです。

受験番号で教室が分かれるので、何気に重要。

教室の雰囲気が変わるんだそうです。

早すぎると、気合が入った家庭の子達が多い。

遅すぎると、なんとなく受けてみようか的な子もいたりする。

早すぎず、でも、なるべく早い方が真剣な子が多く、取り組みやすいと。

 

そんな話を聞いて、3日間のうち、1日目に行こうとは思いました。

でも、受付開始時間前に並んでいる方々もいると聞きます。

なので、受付開始時間頃、最寄り駅に着くような感じで向かいました。

最寄駅からは慣れないので15分以上はかかります。

着くと、男女で分かれ、イスに座り並びました。順繰りで移動していき、

受付の方々が願書をチェックし、番号を押され、受検票を渡されます。

 

驚いたのが、本人と一緒に来ている家庭もそれなりにあること。

ん?学校はどうしたの?とも思いましたが、そういう家庭もありました。

待っている間、お勉強していました。感心です。

時間を無駄にしないんですね。次女にはあり得ない行動ですね…。

あ、でも、親のみの方が圧倒的に多かったです。 

 

受検票を手にして、帰りの電車の中で、

母は一人でいよいよだなーと思いにふけっていましたね(笑)

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へに参加しています。
↓ ぜひ、クリックしてください ↓

にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へ