塾なし受験 振り返り

娘達は塾に行かずに受験。その備忘録です。

中学受検の追記・・・ 本人的に一番良かった対策

昨日、中学受検の振り返りはこれで終わり

なんて書いたのに、

一番伝えたかった事を書くの忘れてました。

 

次女に、この受検のためにしたことで一番良かったのは、何?

って聞いたんです。

 

「模試をたくさん受けさせてくれたこと。

 本番、本当に全然緊張しなかった。いつも通りだった。」

 

だそうです。

これに関しては、母の狙い通りでした。

本番の様子を書いた時にも書きましたが、

キャラメル作戦も、何をするにしても、いつも通り、がいいと思うんです。

当日、急に変わったことがあるのは、よくない。

そして、本番を特別なものにしない。

 

たくさんの模試を受ける。

次女には、このやり方が合っていたと思います。

模試を作っている方々も、

たくさんのデータから考え抜いて作ってらっしゃるわけで。

公中検の方がいつだか、

いつか、あの模試と同じ問題だった!となる事を夢見て、

精一杯問題作成させていただいています!

と仰っていたことを思い出します。

 

コロナ禍で会場模試ができないのでしょうか。

自宅受検でも、少し普段と違う環境をつくってやるといいかもしれないですね。

時間配分も大事ですし。

ドラゴン桜じゃないですけど、手を付ける優先順位も大事だし、

その辺の判断ができるようになるにも、

本番と同じように模擬的にやるのがいいと思います。

 

模試にはたくさんの価値があると思います。

 

そして、次記事からこそ、高校受験のお話になります。

 

改めて、中学受検に関して、読んでくださり、感謝です。

最初はどのくらいの方がこのブログを読んでくださるのだろう

と思っていましたが、

今では1日400以上のアクセスがあるようです。

それだけ、興味をもって読んでくださっていた方々がいらっしゃったんだと思います。

これからの受検をされる方々を応援しています。

やり方はその子によってそれぞれと思います。

頑張ってください!

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へに参加しています。
↓ ぜひ、クリックしてください ↓

にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ