塾なし受験 振り返り

娘達は塾に行かずに受験。その備忘録です。

自県の過去問取り組み開始、10月模試結果

 前期の定期テストも終わり、

その後は自分の県の過去問題を始めました。

 次女の時は解答解説の詳しさで選びましたが、

長女は掲載している年数が多いものを選びました。

 

Z会の教材でも、過去問を対応してくれているので、

昨年度分はそちらですることにして、

2年前から過去に向かって始めました。

 

毎回、同じです。模試と同じですね。

 

試験と同じ時間制限で取り組む

答え合わせ、不正解の解き直し

1週間後に再度挑戦

答え合わせ、不正解の解き直し

数日後に不正解だった問題だけ、再度取り組む

これを繰り返し、正解となるまで続ける

 

あ、夏休みに取り組んだ、全国高校入試問題正解は、

1週間後に再挑戦 の工程を省いて取り組んでました。

 

 

9~11月は、どちらかというと、私立高校の判定を得意とする

他社の模試も3回受けました。

模試の回数を増やす目的で申し込みました。

内容は公立向けよりも、多少難しいようで、本人には刺激になったと思います。

偏差値も多少低く出てきますが、志望校判定としては、

そちらも似たような結果でした。

模試も、私立志望か公立志望かで、きちんと選んだ方がいいと思います。

 

とりあえずうちとしては、

公立高校判定には定評のある模試の判定を重視していました。

そして、夏の頑張りと、

自県の過去問への取り組みが実ってきたのを実感できた結果となりました。

f:id:tcsy:20210701101829j:plain

夏にたくさんの問題に取り組み、

自県の過去問で、自県の癖を感じ取ることができ、

それで結果に結びつけるようになったかな、と思っています。

過去問(実際の志望校の)対策というのは、やはり重要なんだと、

そう感じました。

 

でも、夏にこなした演習量はけっこうな量だったと思うので、

それもこの結果に結びついたと思います。

 

念願の400点超え偏差値65超えです。本人も大喜びでしたよ。

でも、ここで気を抜いたらいけない!と、

安心しきってしまう事を恐れたのも事実です(笑)

 

この模試の結果には、結果に応じて、

チャレンジ校・適性校・安全校としていくつか高校名が記載されるのですが、

文化祭や説明会にも行っている、長女の志望校より1ランク上の高校が

適性校に書いてありました。

そして、志望校より偏差値として1高い高校名が、安全校に。

 

夏までに頑張ってきたことが、ここで出てきたんだと思えました。

先日、夏の頑張りが秋に出ると書きましたが、

これを言っていました。

すぐに結果にでないかもしれませんが、

諦めずにその波を維持していれば、必ず結果に結びつくはず、

経験からそう思います。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へに参加しています。
↓ ぜひ、クリックしてください ↓

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(自宅学習組)へ  にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へ