塾なし受験 振り返り

娘達は塾に行かずに受験。その備忘録です。

私立入試終了

 1月中旬、私立入試の日になりました。

午前中テスト、午後面接、だったかな。

お弁当を持って、行きました。

次女の時に使ったお弁当箱、使いました。

 母は寒いかなーとか色々気にしましたが、

校内快適だったらしいです。

空調設備だって整っているわけですね。

 

まぁ、模試で何度か来ているので、本人は慣れたもののようでした。

併願推薦もらえているけど、

第一志望校である公立入試の練習だと思って

行っておいで~と送り出しました。

仲のいいお友達はいなかったので、1人で行きました。

模試で何度か行っていますので、

不安なこともなく行けたようです。

 

やはり、行ったことがある、

というのは落ち着いて試験に取り組むためにも大事です。

ちなみに長女が受けた12月1月の模試は、

第一志望校の近くの私立高校の会場を選びました。

同じ電車に乗って同じ駅で降りて、試験を受ける。

区市町村の受験校ですと、普段と違うことがあるのです。

長女が言っていたのは、

市の時間で放送される音楽や鐘の音とかあるじゃないですか、

あれが違うんですよね。

在住市は鐘の音なんです。志望校のあるところは、音楽だったそうです。

「模試中に急に音楽が流れてきて、何事かと思った」

だそうです。

ちょっと集中力が揺らいだらしいです。

受験校が模試会場になっている方、近くに会場がある方、

是非一度はその会場で申し込むといいと思います。

 

 と、話はそれましたが、

私立入試、無事に終わりました。

発表は翌日だったと思います。

ネットで合否を確認し、延納金の支払い。

併願推薦もらっていたので、特に喜びもなかったですね。

それこそ、模試の結果を見るより、淡々としてました。

ただ、とりあえず、無事に高校生にはなれるねー

って話をしていたかと。

 

親としてみたら、この高校生になれるという確約をもらうがために、

5万とんでいくんだな…と思いました(苦笑)

延納金がいらない、というか、

全額納入期限を公立高校入試日まで待ってくれる

という私立高校もあるそうです。

 担任の先生からも教えてもらったのですが、

それだけでは決めれませんでしたね。

お金だけじゃないですものね。通う可能性が0ではないので、

もしも行くことになっても、

本人が納得できる場所であってほしかったです。

長女は、この私立は、自分のやりたい部活動が活発でした。

滑り止め高校は別に。。。という雰囲気で書いてましたが、

それは入試の勉強に関してだけで、

もしも、ここになっても、楽しみとすることがある高校だから、

と、きちんと悩んで選んだ高校でした。

 

一区切り でした。

入試翌日からも、公立入試対策です。

 

  

ブログランキング・にほんブログ村へに参加しています。
↓ ぜひ、クリックしてください ↓

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(自宅学習組)へ  にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へ