塾なし受験 振り返り

娘達は塾に行かずに受験。その備忘録です。

次女の中学について

 次女の中学進学後の話は、

こちらで次女が中学に入ってからの様子に触れましたが、

もう少し、どんな学校か、教育かって書こうと思います。

 

うちの次女も、多少変わり者として小学校時代を過ごしたかもしれません。

でも、この中学は、こんな子ばかりです。

真面目な子の集団、ではないんです。普通に楽しい子もたくさんいます。

ただ、本当に個性の強い子達の集まりですね。

言い方を変えると変わり者です。

 

この学校は、リーダーの育成、を掲げていますが、

この歳にしたら目を見張るような、プレゼン力がつくと感じています。

各教科でもそのような指導がありますが、

ゼミという1年間を通して研究し、それを最後に発表をする。

毎年、そんなことをしています。

この学校の大きな特徴かと思います。

説得力のある、そして人に分かりやすいプレゼンができるよう、

細かな指導があります。

データをとり、そのデータの数値の使い方等の指導もあります。

 

代表の子のプレゼン力は、本当に中学生とは思えない様な、

大人以上のプレゼンをします。本当に感心しました。

教科の授業でも、パワーポイントを使い、発表をする。

そんな取り組みが多いです。

教育もIT化で、コロナ禍で急速にそれも進みましたね。

1人1台タブレットが行き渡ったという

現在の区市町村立中学がどうなのか私にはわかりませんが、

次女の中学の子ども達は使いこなし力はすごいと思います。

1を知って10を知る、というようなタイプがたくさんいるので、

 分からないという子がいないということって、すごいんだと思います。

クラスの話し合い事項も休日でもオンラインの中で進んでいたりします。

(LINEとかではないですよ。学校で使っているシステムで。)

 

次女の県立中学は、高校から他に240人の入学生が混ざります。

内進生、外進生という言い方で区別されたりするようです。

別クラスになるわけではなく、

内進生は10人ずつ8クラスに振り分けられます。

全体の1/4が内進生となるわけです。

内進生は、高校受験を知らずに入学するわけですね。

 なので、受験の大変さを分かっていない、のんびりな子達、

と言われるようですけど、

中学受検の方が狭き門でそれを突破してきた子達なんですけどね・・・。

後がない高校受験とは気持ちの持ちようが違うのかもしれません。

なんというか、受験というものに捕らわれずに

自分の興味について、より深く勉強する時間があったとは言えます。

のんびりというより、マイペースという言葉が妥当と思います。

 

内進生は教科によっての得意不得意が出る子がいて、

というか、一般中学でも普通に中学生になったとたん、

そうなる子がいますよね。それと同じようなものですね。

でも、高校から入学する子達は、何せ合格最低点450~460点/500満点ですから、

そう教科による差がある様な子は入学してこないわけです。

教科の勉強を十分以上にしている子達が高校から入学してきます。

内進生は、中学受検でも、教科の点数を競い合ってきたわけではないですし、

その辺で苦労することもあるようです。

 

とは言え、うちには一般中学に行った長女がいますので違いが分かります。

次女の教科の勉強も、一般中学より忙しく充実しています。

その上に上に書いたような内容の勉強。

教育の差というのを痛いほど感じます。ありがたいことです。

 

また、高校から外進生と合流しますので、

勉強の進度を早くするということはありません。

ただ、現在勉強している単元において、

高校や大学で勉強するような内容まで突っ込みます。

2歳差の娘達ですので、中2と高1、中3と高2という時がありました。

長女と次女は同じ内容をやっていることがありましたね。

 

外進生は、中学ではやってきてないはずの内容ですので、

こういう面では高校に行ってから楽になるのではないかと思います。

 

ただ、互いに違う能力がある内進生と外進生がうまく混ぜ合わさり、

どちらにしても、吸収力がある子達ばかりですから、

良い面を吸収し合い、いい方向に向かっている学年が多いと思います。

中学ではないですが、高校としては、

はっきり言って超放任主義の高校です。

LHRも先生は一切タッチしません。

話し合うべき内容から進行まで、全て、生徒任せです。

自ら考え行動する。

大学受験に関しても、学校の手厚いサポートを求めている方は、

合わない学校かもしれません。

自分の力でどうにかするんですね。

そしてそういう仲間が揃っている、というだけで、

教育の場というのは変わるんだろうと思います。

 

と、高校の事まで少し入りましたが、後々進む高校ですから・・・。

こんな感じの中学校です。

とても充実した中学生活送れます。

高校受験がない代わりにできる経験というのは、

たくさんあると思います。貴重なものです。

が!

高校受験を経験している長女を見ていて、こうも思います。

高校受験でしか経験できない、得られないものもあります。

叶うのであれば、両方経験させてあげたい(笑) 

それを言ったら、中学受検だけでしか経験できないこともあるか。

全部が経験できればいいのに・・・。

いや、全部経験できたら、それはそれで大変すぎますね(笑)

 

ブログを読んでくださり、次女の中学がどこか分かり、

興味を持ってくださっている方もいらっしゃるかと思います。

そういった方々に参考になれば。

とにかく、熱心な先生方に囲まれた、最高の中学校です。

なので、ぜひ、頑張ってください!

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へに参加しています。
↓ ぜひ、クリックしてください ↓

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(自宅学習組)へ  にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へ