塾なし受験 振り返り

娘達は塾に行かずに受験。その備忘録です。

母が手をかけていた計画管理、現在どうなのか。

今まで読んでくださった方の中には、

親が手をかけすぎじゃないのか?と思われる方がいるかもしれません。

 

確かに受験するにあたって、

私が計画をたて、教え、教えられ、やってきました。

親がそこまで手をかけるのか・・・?

そんな必要あるのか・・・?

自分でできない人になるんじゃないか・・・?

 

心配いりません。

受験が終わり、二人とも全て自分でやっています。

計画を立てるところから全て。

散々、「目の前で」母がやってきたことをみています。

計画の立て方も、分かっていますから。

 

実はこれって、塾に行ったら、塾がやってくれているんですよね。

塾でやっていることを、そのまま私がやっただけなんです。

それをすぐ目の前で見ているわけです。

それぞれに合う計画を試行錯誤して立ててきたわけです。

だから自分に合った計画の立て方も分かっている。

だから、パッと手を放しても、自分でそんなに苦労せずできるんです。

 

それこそ、塾任せだった子にはできない子が多かったりします。

次女の時は、入学後すぐの保護者会でその話がありました。

中学受検の方が通塾率は高いですし、

まだ幼いから、なおさらなんでしょう。

ずっと塾で与えられる勉強をしてきた子達は、

勉強の仕方が分からないんだそうです。

だからこそ、そこから脱却するための指導をすると仰ってました。

 

必ず、自分でできるようになりますよ。

申し訳ないけれど、塾に寄りかかっていたお子さん達より、

そういう力はついていると思います。

なので、塾なし受験を考えている方、

親が手をかけることに躊躇しないで大丈夫です!

その代わりというか、親がやっているその過程を

子どもにきちんと見せた方がいいと思います。

 

 今はスケジュール管理のアプリとかも色々出てるみたいですね。

今ではそういうのも使ってはいますが、

やはり、パッと目に入るように紙に書けって言ってます。

普通に紙を使ってますが、ちゃんとしたノートの方がいいのかなー

なんて、ちょっと調べてみたら、

こんな計画ノートってのもあるんですね。

【東大クイズ王・伊沢拓司が率いる知識集団"QuizKnock"と共同開発した効率的に勉強を進められる文房具シリーズ】

なんて書いてあるし、

こういうの使った方がモチベーション上がるのかな。

今度買ってみてあげようかなー。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へに参加しています。
↓ ぜひ、クリックしてください ↓

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(自宅学習組)へ  にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へ